豚の胎盤を原料に使ったプラセンタについて

Posted by ichioku on 2014年3月18日
Warning: printf() [function.printf]: Too few arguments in /home/rzeutlm7/public_html/wp-content/themes/ground-floor/single.php on line 52

アンチエイジングや美容に活用されているプラセンタが原料にしているのが、馬や豚の胎盤です。かつてはヒトの胎盤や牛の胎盤を原料にしていました。牛は狂牛病問題が、ヒトはエイズの感染問題が起こったことで、豚や馬を今は中心として使っているそうです。なんでも豚の胎盤であれば豚のプラセンタの原料になるというものではないようです。特別なSPF豚という豚を、プラセンタの原料として利用しているそうです。SPF豚は、SPF豚農場認定委員会が認定した農場で生産された豚のことです。衛生基準、飼育基準によって厳重に管理された衛生的な環境の中で育てられています。普通は1カ所に大量の豚を集合させて飼育するといいます。伝染病が広がるリスクが高く、病気を予防するために抗生物質やワクチンなどの薬剤もたくさん使われています。抗生物質を使わずとも病気にかからないのがいわば衛生的な豚なのがプラセンタ用のSPF豚で、環境のことを考えて飼育されるからだそうです。SPF豚専用の飼料が利用されており、農場への立ち入りは部外者の場合禁止されているそうです。基準がしっかりと決められており、シャワーを浴びてから専用の作業着を着て作業をしているようです。結果、安心してプラセンタの原料に使える豚の胎盤を得ることができるのです。